スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至って凡人な私ですが、それはそれで仕方ない。

お疲れ様です。
さつこです。

雨は、いやですね。

だって髪の毛が広がるから。
汗も半端ないんです。

最近は、来週末の現代舞踊展向けて、

稽古稽古の毎日です。

仕事して稽古して寝て、
仕事して稽古して寝て、
仕事して稽古してエヴァ見て寝て、
仕事して稽古してナイナイのオールナイトニッポン聞いて寝て、
仕事して稽古して・・・・・

そんな毎日です。


さて、昨日(一昨日?)ピナバウシュが亡くなりました。
とってもとっても大きな存在を失ったと思います。
ひとつまた時代が過ぎたのだなと思います。

私が始めて彼女を見たのは2003年映画「TALK TO HER」
での冒頭「カフェ・ミュラー」でした。

それがダンステアターというものだと知ったのは、大学1年のとき。

そして生で舞台を見たのが大学3年?のとき「カフェ・ミュラー」と「春の祭典」でした。

彼女の実験的な演出は、抽象的でありながらも
まっすぐ私の中にあるひとつの現象として投影されました。

それは違和感でした。
彼女の手法である、ダンサーたちの「素」がわたしにとっては不気味で違和感のある存在でした。

「素」が脚色され、演出され、舞台上で身体の表現として見られることは画期的でもあり、古典的でもある。
単純にそう思いました。

即興とも、アドリブとも違う、創作技法が確立され、
ダンサーの身体だけではない
人間の生の身体が垣間見える作品は、
もっとも観客に訴えかける要素を持っているものだと
痛感し、そしてそれを演出に巧みに組み込む術を持つ彼女を心から非凡な人間だと
率直に思いました。

彼女の作品に触れる機会はそう多くはありませんでしたが、
ひとつの時代を築いた彼女の存在は
世界中のダンサー、舞踊家、芸術家、表現者、
そして多くのファンに多大な芸術の可能性を与えてくれたものと思います。

ご冥福をお祈りいたします。



さっ、そんなわけで
決して非凡ではない、
いたって凡人な私も最近新作ソロを作っています。

いやはや、私の心情をまっすぐに表現しすぎて、
気持ち悪いですww

いつか皆さんにも発表できればいいなぁと思っております。

楽しみにしていてくださーーーーい。

では、今日も稽古がんばります!

以上。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://colonchi.blog34.fc2.com/tb.php/14-2d2b53b2

Comment

マッスル

さつこが、難しい言葉いっぱい使って語ってる~
やっぱり頭いいのよね
現舞展がんばってね!あいにく応援しにいけませんが、わたしも踊りながら成功を祈っています。
  • URL
  • 2009/07/07 09:43

アキレス

賢いっぽくしてるだけだよ(笑)
最近は頭使ってなさすぎて、やばいです。
がんばるぅー!マッスル先輩もマッスル頑張ってね!楽しみにしてます☆
  • URL
  • 2009/07/08 12:37

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

COLONCH

Author:COLONCH
2008年結成。2009年5月初演。
女子集団。アルコール多め。基本シャイ。
『全員が創作活動も行い、ダンサーとしてもつとめられることそれぞれの考えや意向をお互いに尊重すること』
をグループのスタンスとしながら活動中。

気ままに、誰かが更新します。

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。